この方法なら失敗しない!自営業の始め方。

様々な社会経験をしてから起業する

一般的に20歳前後の学生と、30代・40代の経験豊かな社会人では、人生における様々な経験値・知識レベルに雲泥の差があります。そして、社会人経験がなくて学校で習ったことしかわからない学生や、人生経験の浅い20代の若者が起業することは基本的に大きなリスクがあります。そのため、焦って起業せずに社会人生活をしながら5年から10年は時間をかけて時代の流れを分析し、今後必ず中長期的に伸びる分野を分析することをおすすめします。そして、起業したい分野が見つかったら仕事をして固定収入を得て貯金も貯めながら、週末・帰宅後などの空いている時間をできる限り使います。具体的には参考書を読んだり色々なことをして起業前の時点で、その業界に関する基礎知識を完全に覚えた上で独立して起業すると成功の確率が高まります。さらに起業したいジャンルにおいて過去に失敗した人の原因を分析すると自然と成功確率がより高くなります。


社会人時代に得た知識を副収入源にする

社会人生活を長く経験し、高い知識を得た上、そして多額の貯金をしてから起業しても、ビジネスとはそううまくいくものではありません。そして、起業当初などにおいては固定収入が入って来なかったりすると、日々なくなっていく貯金に対して恐怖感で頭がパニックになってしまうようなこともよくあります。そのため、心の安定・生活の安定のためにも、いざという時の収入源を用意しておくことは非常に重要です。具体的な忙しい中での副収入となりますと、ライターとして自分がもともといた業界に関する事を書いて在宅で副収入を得たりすることもできるような時代になっています。そういった意味で、社会人時代においては、今後起業する業種のことだけ勉強するのではなく自分が現在働いている業種に関しても知識を深める努力をしておくことをおすすめします。そうすれば、のちのちその深い知識が大きな副収入源となってくれ、成功をアシストしてくれます。